行政書士

司法書士と弁護士の違いがよく解らないという方もいらっしゃるでしょう。名称が違うのですから、確かにここまでしか扱えないという権限の違いがあります。

特に債務整理においては、総額140万円以下の案件しか扱えません。又、簡易裁判所での申し立て・代理業務までは認められていますが、地裁への申し立ては弁護士しか認められていません。

債務整理において、裁判所への関わりは不可欠です。債務整理がスムーズに運ぶ為には、簡易裁判所への訴訟代理権しかもっていない司法書士よりも、最初から、弁護士に依頼するのが、良い場合があるのです。

  • 英会話大阪、翻訳、旅館、城崎温泉
  • 英語講師募集と求人大阪
  • KARINE DUPONTのショルダーバッグと開運印鑑