過払い

債務整理時に過払い請求を行った場合には、金融会社は和解案を示す場合があります。簡単に言えば、「これくらいで勘弁して下さいよ」という事です。これが和解案で、条件によっては和解に応じても良い場合もあるでしょう。

和解に応じれば、本来返還されるべき金額よりも小さい金額になる可能性はあります。ですから、不利だと言えば不利なのです。

では、なぜ応じる人がいるのかというと、時間がかからないからです。和解しなかった場合には訴訟の手続きをとらなければならない場合もあり、債務整理や過払い請求に時間がかかってしまう可能性があるために、和解に応じる人が多いのです。

  • 英会話大阪、翻訳、旅館、城崎温泉
  • 英語講師募集と求人大阪
  • KARINE DUPONTのショルダーバッグと開運印鑑